音楽による環境運動

 

世界中の人々が環境汚染に対して行動を起こしたいと思いつつ、何をどのように行えば良いのか理解に苦しんでいます。我々がここに提唱するのは芸術家と科学者の協力によって、①気候変動の為に起こり得る危機の理解、②実行可能な対策、そして③取るべき行動を、効果的に発信する事です。

 

参加呼びかけの対象:

* 大衆に感情を呼び起こす術を持っている音楽家や芸術家

 

* どの感情が大衆に行動を起こさせ、抑止するのかの専門知識を持つ社会科学者、特に社会心理学者やコミュニケーションの専門家

* 危機緩和のためにどのような行動が必要とされているかを理解する物理化学者や工学者

 

音楽の力

気候変動の現状と将来的な被害の予測についての科学者たちの合意にも関わらず、危機緩和に対する社会的支援と行動は成功しているとはいえません。感情に訴える音楽の力は糸口となり得ますが、音楽家たちは社会の心情や風潮を反映しています。現在、気候変動に対する社会の心情は、行動を抑圧する落胆です。社会の心情を今から出来ることに対する意識へと移行する必要があります。

 

多文化アプローチ

テンポは多文化合同の計画です。グローバルな問題である気候変動にはグローバルの対策が必要となります;だから一つの文化社会に焦点を合わせてはいけないのです。アメリカ合衆国と日本という、二つの文化で始めます。個人としての選択と社会の選択の関係性というの環境問題に於いての重要点を、日米両文化の観点から協議を始めることがより良い理解に繋がる好機となるでしょう。

 

「どの様な形の協力が可能ですか?」

次のズーム協議会へのご参加をご検討ください アンバサダーとして米日両国の音楽家や科学者のご参加をお誘いください の活動についての宣伝で、より幅広い方々にご興味を高めて頂くお手伝いをして下さい ご連絡下さい 音楽家でご参加をご希望の方はこちらにご連絡ください。artist@tempo-music.org メディア関係者のご連絡はこちらにお願いいたします。media@tempo-music.org

 

Hobart Baroque Chorus and Orchestra" by Stefan Karpiniec is licensed under CC BY-NC 2.0

BACK TO TEMPO
Want to be part
of our movement?
Follow us!
Contact
If you are a musician and want to be part of this project,
please contact us at:tempo@drlucyjonescenter.org